「HTTPリクエスト/HTTPレスポンス」って何?

「HTTPリクエスト」「HTTPレスポンス」の意味が理解できていなかったので、わかっている範囲でまとめてみました。

HTTPリクエストの構成要素3つ

HTTPリクエストでは、大きく3つの要素で構成された情報が送られています。

  1. リクエストライン
  2. ヘッダ
  3. ボディ(メッセージボディ)

リクエストライン

ここには「メソッド」「URL」「HTTPのバージョン」の3つが記載されています。

よく使われるリクエストメソッドを表にまとめました。

メソッドの種類内容
GETデータの取得
POSTデータの送信
PATCHデータの更新
DELETEデータの削除
HEADヘッダ情報の取得
OPTIONSオプション情報の取得

リクエストヘッダ

[フィールド名] : [値] 】が記載されています。

よく使われるフィールドを表にまとめました。

フィールド名内容
User-Agentブラウザの種類、OS情報など
Refererリクエスト元のページ
CookieCookieの情報
Authorizationログインに必要な認証情報(ID, PASSなど)
If-Modified-Since日付を送信して、その日以降にデータ更新がある場合は取得
Accept利用可能なアプリケーション・メディアタイプ
Accept-Encoding利用可能な文字セット
Accept-Charset利用可能なエンコーディング形式
Accept-Language利用可能な言語コード

メッセージボディ

データの本体が記載されています。

HTTPレスポンスの構成要素3つ

HTTPリクエストでは、大きく3つの要素で構成された情報が送られています。

  1. ステータスライン
  2. ヘッダ
  3. ボディ(レスポンスボディ)

ステータスライン

ステータスラインには「HTTPのバージョン」「ステータスコード」の2つが記載されています。

よく使われるステータスコードを表にまとめました。

グループステータスコード内容
200番台(成功)200成功
300番台(リダイレクト)301恒久的なリダイレクト(サイト移転など)
302一時的なリダイレクト(リニューアル中など)
400番台(クライアント側エラー)401ユーザー認証が必要(Basic認証など)
403アクセス制限,など
404ページが存在しない,など
500番台(サーバー側エラー)500内部エラー(プログラムミスなど)
503サーバーへの過剰負荷,など

レスポンスヘッダ

[フィールド名] : [値] 】が記載されています。

よく見かけるフィールドを表にまとめました。

フィールド名内容
Content-Typeデータの型(HTML、画像など)
文字コード
Expires取得データの有効期限(ブラウザキャッシュ制御のため)

レスポンスボディ

データの本体が記載されています。

コメントを残す

*