npm install 時の「–save」と「–save-dev」の違い

パッケージをインストールするnpm installをする時に、「--save」や「--save-dev」などを見かけることがあり、特に理解していなかったので少し調べてまとめます。

「–save」と「–save-dev」の違い

本番環境にインストールする--save)」か「ローカル環境にインストールする--save-dev)」かの違い。

何も付けないと「–save」になる

--save--save-devも付けずにnpm installをすると、デフォルトで--saveとして扱われるらしい。

「–save-dev」を使う場面の見分け方

「ソースコードを公開して、そのコードを他の人がクローンすることがあるかどうか?」が一つのポイントになるようです。

どうやらクローンした人が、そのアプリケーションに使われているパッケージをインストールするためにnpm install --productionをすると、--saveでインストールしたパッケージがインストールされてしまうみたい。

コメントを残す

*