【SEO】内部SEO対策チェックリストをまとめる。サービス開発時に確認すべきポイント

開発視点で内部SEO対策で最低限確認すべきポイントに絞ってまとめています。

この記事では細かくて難しい対策などは除外して、「これさえやっておけば内部SEO対策はひとまずOK。あとはコンテンツの内容に集中しよう」という状態を目安にまとめています。

最低限の内部SEO対策チェックリスト

カテゴリ内容
サイト全体・HTTPS(SSL化)
必要なページ・sitemap.xml
・robots.txt
・404
Head内記載タグ・titleタグ
・descriptionタグ
・canonicalタグ
・meta robotsタグ
必要なコンテンツ・パンくず
・画像のaltタグ
・内部リンク最適化
+αコンテンツ・構造化マークアップ

チェックリストに記載していないもの

他にもすでに当たり前になっている「スマホ対応(モバイルファースト)」や対策方法が細かい「ページスピード対策」などがありますが、ほぼみなさんが認識していると思うのであえて書いていません。

まとめ

最低限の対策に絞るとそこまで多くないので、すぐに対応できそうですね。

内部SEO対策が重要なのは間違いないですが、最低限の対策以外は「コンテンツ内容の方が圧倒的に重要」だと思うので、あまり内部対策にとらわれないようにしたいです。

コメントを残す

*